スバルフォレスター

販売店:スバル店
登場年月:2018年6月

フォレスタープロフィール

インプレッサをベースにしたクロスオーバーSUVの5代目。

次世代型のスバルグローバルぷらっとフォームを採用して剛性を高めた堅固なボディを持つ。

エンジンは2500CCに拡大してターボ車は廃止に。

新たに2000ccハイブリッドの「Eボクサー」も設定した。

MT車を廃止したことで、全車が搭載するアイサイトは、ステアリングアシストはステアリングアシストを行うツーリングアシストとなった。

歩行者保護エアバッグも全車装備する。

全車4WDの構成は従来とおりだが、コーナリング中に内輪に軽くブレーキをかけて旋回性を高めるアクティブ・トルク・ベクタリングを採用して

悪路走破性を高める「Xモード」には、積極的にタイヤを回すことで脱出能力を高める「ディープスノー・マッドモード」を加えました。

グレード構成は2500CC3グレード、eボクサー、1グレードとシンプルで無駄がない。

フォレスター 主要諸元

項目 内容
全長×全幅×全高 4,625×1,815×1,715
ホイールベース 2,670mm
車両重量 1,530kg
最小回転半径 5.4m
エンジン種類 水平対向4DOHC
総排気量 2,498cc
最高出力 184馬力/5800rpm
最大トルク 24.4kg
タンク容量 63L

人気グレード

プレミアム 302万円(4WD・CVT)

ツーリングよりも約22蔓延高くて斜め後ろの死角検知と自動ハイビーム、前席パワーシート+メモリー機能、キーレスアクセス+プッシュスタート、LEDフォグランプなどを装着する。

シート表皮など内外装のグレードアップと機能向上は価格差以上で割安感がある。

しばらくはイメージリーダーのXブレイクが人気を集めるだろうが、めったに悪路を走らない一般ユーザーにはこちらが適する。

また、街乗り中心ならハイブリッドのアドバンスをできるだけ早く注文した方が良い。

購入ガイド

フルモデルチェンジしたばかりなので本体値引きのガードはかなり固めなので、用品値引きや下取り査定額の上乗せで値引き総額ベースでの拡大を狙う。

ハリアー、エクストレイル、cx-5、アウトランダーとのライバル競合ではエクストレイルをメインにして進めるのが、値引きアップには効果的。

値引き額の傾向は固い。

フォレスターの値引き目標額 フォレスター 値引き

スバルインプレッサスポーツ

販売店:スバル店
登場年月:2016年10月

インプレッサスポーツ プロフィール

現行型で5代目となるスバルの基幹車種。

新世代プラットフォームを採用して操作性を向上し、実に自然なハンドリングを実現した。

全車アイサイトに加えて歩行者保護エアバックを搭載し、安全性能は世界でもトップレベル。

その他の先進安全技術もいくつかはセットオプションで設定され全方位を監視する。

1600ccと2000ccの水平対向エンジンを設定して、それぞれFFと4WDから選べますが、トランスミッションはCVTに統一されました。

インテリアの処理などで1600ccはどうしても見劣りする部分はあるが、走行性能は十分に高い。

2000ccはスポーティ感覚が高まり、ドライブが趣味という人に向いています。

全車電動パーキングブレーキを搭載して、アクセル操作での解除も可能だが、平地でのホールド機構はないために、作動させるにはスイッチを引く必要があります。

坂道のホールド機構は備わっています。

インプレッサ 主要諸元

項目 内容
全長×全幅×全高 4,460×1,775×1,480
ホイールベース 2,670mm
車両重量 1,300kg
最小回転半径 5.3m
エンジン種類 水平対向4DOHC
総排気量 1,599cc
最高出力 115馬力/6200rpm
最大トルク 15.1kg
タンク容量 50L

ベストグレード

1.6i-L アイサイト 194.4万円 (FF・CVT)

1600ccが人気。

スバルといえば、4WDのイメージが強いが現在はむしろアイサイトの方が上。

そういうユーザーには安くて安心という点が魅力なんでしょうね。

1600ccエンジンはスペック以上によく走り、高速走行でも何ら不満はないので、賢い選択と言える。

2.0i-Lアイサイトよりも約24万円もやすくてキーレスアクセス+プッシュスタートと本革ステアリング、SIヂライブが外れる以外は内装の表皮&加齢がメイン。

実用性重視ならこれがベスト。

購入ガイド

本体値引きは拡大傾向にあります。

半期決算セール向けの用品取り付け特典などが充実するので、これを値引きアップに有効活用すること。

そして、さらに用品値引きを交渉しましょう。

話題のカローラスポーツをメインにアクセラスポーツとも競合。

隠し玉にVW・ゴルフも引き合いに出すのも効果がありそう。

値引きの傾向は拡大中で、値引き目標は23万円

インプレッサスポーツ 値引き

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !